分煙対策・受動喫煙防止に最適な喫煙室や分煙機レンタルのご相談ならクリーンエア

フラポート株式会社

Fraports周辺の空気の質がエリア全体で改善

会社の概要

20,000人の従業員を抱えるFraport AG(ドイツ、フランクフルト·アム·マイン)は、世界最大の空港運営会社の一つであり、地球規模で多くの空港の運営やそのサービス供給に関わっています。

"参考モデル"として、フランクフルト空港を取り上げます。同社は、グループ子会社も入れると18,500人のスタッフを雇用しています。
そのうち、7,500人の従業員が「地上管理」の戦略的事業単位で働いています。

その主な仕事は、航空機と乗客の取扱いに関する運営サービスを提供することです。
地上管理の従業員の仕事は、広範囲のシフトパターンにしたがって編成されます。

このシフトパターンは、通常、一度に7日間あり、コンコース上のスタッフは、通常、気まぐれな天候の変化にさらされています。

運営している国際線の航空機のサービスを可能な限り効率的に行うために、個々のスタッフサイトを空港サイト全体に分散させています。

なぜ分煙キャビンか?

仕事時間が昼夜ぶっ通しになることも多い地上管理ユニットのサービスオフィスでは、喫煙者の割合が約55パーセントと、特に高くなっています。

非喫煙者の保護を規定する法律の規定が施行される前に、同社は、例えば、宿直室にガラスのパーティションを使って部屋のレイアウトを変更することで非喫煙者から喫煙者を分離することを試みました。
しかし法律が施行された後は、これは一般的な解決策とはもはやなりません。

地上管理サービスの管理者と協力して、最初の1年間のパイロットプロジェクトを実施しました。
ここでは、クリーンエア スカンジナビアの3台の分煙キャビンについて、サービスオフィスの一つで試験を行いました。SFSキャビンは、スタッフ全員からの良好な反応を受け取りました。

わずか3〜4日で、従業員グループの喫煙者側の受け入れと、何よりも、非喫煙者側の受け入れが100パーセントとなりました。
喫煙者のエリアと非喫煙者のエリアを組み合わせることで、すべての従業員が満足する状況が証明されました。

パーティションの撤去は、スタッフのためのエリアと空間の増加を意味します。
あらゆる国籍のスタッフのコミュニケーションと社会的相互作用が、分煙キャビンの有益効果によって強化されました。外に漏れる不快な臭いはありません。

一度に最大8名まで入ることのできるキャビンを喫煙者が占領するのは厳しく規制されています。
クリーンエア スカンジナビアの先進的な技術によって、周囲の空気の質が全エリアで改善されました。

結論

プロジェクトで指定された年が終わると、分煙キャビンはさらに3箇所の地上管理サービス部門に設置されました。
これはまた、従業員側で非常にすばやく受け入れられたことの証明となりました。

実際に使用した例から得られた非常に肯定的な経験に基づき、現在意図していることは、フランクフルト空港にあるFraport AGのサイト全体と全ユニットにクリーンエア分煙キャビンの設置を試みることです。

過去2年間の経験、特にクリーンエア スカンジナビアの包括的サービスパッケージに関する経験は、関与するすべての人の全体的な印象が例外なく肯定的であることを意味しています。