空気環境について

2021年06月29日

感染症拡大防止のための陰圧隔離室 HEPAフィルターとは?

近年、国内外の感染症対策にまつわるニュースなどで見聞きする機会が増えた「陰圧隔離室」。その仕組みについてご存じでしょうか?

「そもそも陰圧とはどういう状態なのかわからない」という方もいるのではないでしょうか。この記事では、「陰圧とはなにか」という基本情報から、「陰圧隔離室」設置の際に必要となる「HEPAフィルター」についてご紹介します。

感染症を拡大させないための陰圧隔離室

陰圧隔離室は、感染症拡大の予防に役立ちます。

まずは、「陰圧」とはどのようなものなのか理解していきましょう。

・「陰圧」とは
陰圧とは「外よりも気圧が低い状態」を指します。大気圧=1気圧とした場合、1気圧よりも低い状態が陰圧です。
陰圧状態を保つためには、室内への空気の供給量よりも排気量を大きくする(空気の供給量 < 空気の排気量)必要があります。
・陰圧隔離室とは
陰圧隔離室は、以下のような作りになっています。
空気には気圧が高い方から低い方へ流れる特性があるため、「陰圧」状態にある場所から気圧が高い場所には移動できません。この特性を生かしたのが「陰圧隔離室」です。

ウイルスをはじめとした感染源によって汚染の可能性がある空気を、陰圧状態の室内(陰圧隔離室)から外へ逃がさないことで、感染症の拡大を防止することが可能になっています。

陰圧隔離室は「汚染された空気を外部にもらさないための手法」として、主に医療現場や喫煙室などで活用されています。

ただし、汚染物質や汚染した空気を室内にずっと滞留させるわけにはいきません。そこで大変重要になるのが「陰圧隔離室から空気を排出する仕組み」です。そこで、上記イラストにもある「HEPAフィルター」が活用されています。

つづいて、HEPAフィルターとはどのようなものなのか、解説していきます。
HEPAフィルターとは

HEPAフィルターとは、空気中の塵やホコリなどの微粒子を捕集するために用いられる高性能のフィルターです。

HEPAとは、「High Efficiency Particulate Air Filter」の頭文字を取った造語で、身近なものでは空気清浄機に搭載されており、病院の手術室など低濃度粒子の除去が必要な場所でも使用されます。

クリーンエアの「HEPA 14フィルター」は、欧州規格EN1822に則りH14グレードを採用。日本のJIS規格に準拠したフィルターと比較しても、さらに微細な粒子の捕集が可能です。具体的には、最も捕集が困難な粉塵サイズ(MPPS) である直径約0.1~0.2μmの超微粒子に対しても99.995%以上の効率で捕集できます。

なお、インフルエンザウイルスや新型コロナウイルスの直径も約0.1~0.2μで、クリーンエアの「HEPA 14フィルター」で捕集が可能とされる大きさです。

「QleanAir FS 70 HEPA」で陰圧室の空気も清浄に

陰圧室では空気中の汚染物質を取り除いて清浄にし、衛生状態に最大限の配慮が求められます。そんな時、

クリーンエアの空気清浄機「QleanAir FS 70 HEPA」は、欧州フィルター規格EN1822のH14グレードをクリアしたHEPA 14フィルターを使用。ホコリや花粉から細菌・ウイルスなど極小物質を捕集する性能を備え、医療機関での設置にも適しています。

HEPAフィルター付き空気清浄機の導入費用は、国による新型コロナウイルス感染症に伴う医療機関向けの支援を受けられる場合があります。詳細については、各都道府県や自治体にご相談ください。

まとめ

陰圧とは、「外よりも気圧が低い状態」を指します。気圧が高い方から低い方へ流れるという空気の特性を生かし、汚染された空気を外部へ逃がさないようにした「陰圧隔離室」が医療現場や喫煙室などで利用されています。

陰圧室では、空気を清浄にし衛生状態を保つ必要性があります。クリーンエアの空気清浄機「QleanAir FS 70 HEPA」は、欧州フィルター規格EN1822のH14グレードをクリアしたHEPA 14フィルターを使用しており、医療機関での設置にも適しています。

この機会にぜひ空気清浄機の活用を検討してはいかがでしょうか。

導入事例